進水式

一片の鋼板を切断することから数ヶ月、船は船体の形を整えて進水します。支綱切断からトリガー*が外された後、色とりどりの紙吹雪とテープが舞う中、船は音もなく進水台を滑り**、見る間に海へ。新たな船が誕生する、記念すべき瞬間です。

*トリガーとは?
船が滑らないよう固定する、フックのような装置

**当社の進水式は獣脂を進水台と船台の間に塗布する、昔ながらのヘット方式です。見学席から手の届かんばかりの船が、静寂とともに優雅に滑走してゆく様子は日本一と自負しています。


<お知らせ>
一般の皆様の進水式見学も可能です。各船の日程詳細はこちらをご覧下さい。

竣工引渡

船上に居並ぶ人々とはためく大漁旗が印象的な左の写真は、昭和5年(1930年)竣工の共福丸です。それから87年後の、平成29年(2017年)の引渡風景が下の写真です。ずいぶん様変わりしましたが、お客様の安全運航を願い、一隻一隻を胸を張って引渡すことに変わりはありません。
今も昔も、お客様第一・品質第一の本田です。

私達は日々品質のいい船を愚直に丁寧に造り続けております。そしてその船の引渡しの時に願っている事は唯一つ。「Bon voyage! お客様の宝船になります様に!!」
khikita
引田公彦
顧問